男性

縄張り意識が強い鳩はしっかりとした対策で撃退しよう

縄張り意識

男性

鳩は今や、オフィス街や住宅地に溶け込んで生活しています。普段ならさほど気にならない存在ですが、糞や鳴き声などを身近に感じる人にとっては、ストレスの元凶と言えるでしょう。鳩は、静かに身を隠せる場所を好みます。したがって、マンションやアパートなどのベランダに住み着くケースが多く、室外機の裏などに隠れて住処を作ることもあります。一度住み着いてしまうと、長期にわたって同じ場所で繁殖を繰り返します。

市販で売っている対策グッズを使って撃退しても、しばらくすると効果が薄れてくるのは、鳩が非常に高い学習能力を持ち合わせているからです。単純な作りのグッズだとすぐに効果が無くなって鳩が戻ってきてしまいます。自分達で撃退できないと感じた場合は、専門業者に依頼して対策を練る必要があります。

専門業者に依頼すると、鳩の駆除や巣の撤去、消毒や清掃まで行なってくれます。鳩は様々な伝染病の原因となる菌を体内に宿しています。巣の撤去だけでは十分と言えないので、しっかりと消毒まで行なってもらいましょう。専門業者は個人の住宅地や企業にも対応してくれます。調査で建物の構造を調べ、鳩が巣を作りやすそうな場所を見つけて、網を張ったりスパイクを仕掛けて予防対策を行ないます。作業に掛かる費用には差があるので、事前に見積もりを出してもらいましょう。調査や見積もりを無料で行なってくれる業者もいるので、費用を抑えたい時はうまく利用してみると良いでしょう。

大量の糞被害

住宅

鳩は群れを作り、巣を作って大量の糞をまき散らします。放置しても自体は改善されないので、専門業者に依頼して対策を行なって被害を防ぎましょう。まずはどの様な鳩が住み着いているか確認してみましょう。

View Detail

帰巣本能

女の人

鳩の対策をしっかりと行なっておけば、糞や騒音の被害に悩まされる心配はありません。鳩は帰巣本能に優れているので、住処を作られてしまう前に撃退する必要があると言えます。

View Detail

ドバトやキジバト

木

一言で鳩と言っても、その種類は豊富で900種類も存在しています。ですが、普段我々が目にしている害鳥の鳩は主に2種類でしょう。ドバトやキジバトが我々の生活を脅かしています。対策をしっかり行ないましょう。

View Detail