タブレットを持つ作業員

縄張り意識が強い鳩はしっかりとした対策で撃退しよう

ドバトやキジバト

木

大量の糞と騒音で我々の生活を脅かす鳩は、しっかりとした対策で撃退する必要があります。害鳥になる鳩は主に2種類いて、ドバトやキジバトです。この2種類はオフィス街や公園で良く見かけるので皆さんも一度は見たことがあるでしょう。ドバトは、白と灰色の羽毛が混じっっています。首を小刻みに動かすのが特徴でしょう。餌となるのは、人間が食べ残した弁当くずやお菓子などで、人が多く集まる地域を好んで生活しています。その為、住居に住処を作り、糞をまき散らす被害を出している鳩は、このドバトの仕業がほとんどです。それに比べ、キジバトは自然豊かな郊外に住んでいることが多いです。木の実を主食にしていて、畑でよく見かけます。近年、畑や自然が減ってきたことで住宅地にまで生息地域を広げてきています。キジバトは全体が茶色い羽毛でおおわれています。首筋に青い模様が入っています。

この鳩達によって、快適な生活が脅かされています。対策を取ろうにも何を始めたら良いか迷ってしまう方もいるでしょう。ホームセンターに行けば駆除対策グッズがいくつか販売されています。自分で扱いやすい物を購入して試してみるのも良いですが、効率良く撃退したいのであれば、やはり専門業者に依頼する方が良いでしょう。プロなら効果的な撃退方法や被害を未然に防ぐ対策を伝授してくれます。糞や騒音に悩まされる前に、早めに調査の依頼を申し込みましょう。電話やメールの依頼は無料の専用ダイヤルが設けられていますし、事前調査も無料で行なってくれる業者がいます。