タブレットを持つ作業員

縄張り意識が強い鳩はしっかりとした対策で撃退しよう

大量の糞被害

住宅

公園やオフィス街にも住み着いている鳩は、大量の糞をまき散らす害鳥です。一見生活に被害を及ぼす様な鳥には見えませんが、騒音や糞による悪臭に悩まされることもあります。鳩の中には、移動中の休憩場所として建物に集まるものもいます。この段階であれば、鳴き声も気になるレベルでは無いので見過ごしてしまいそうになりますが、しっかりと対策を行なう必要があります。市販の忌避剤を使って、集まりやすい場所に巻いてみましょう。ハーブを利用した香りで撃退することもできます。

安心して休憩できる場所として鳩に認知された場合は、巣を作ったり仲間を呼んだりします。こうなってくると、騒音被害も大きくなり、糞も洗濯物につくなど被害が拡大してきます。鳩が隙間に潜り込んで、着実に繁殖場所を確保する様になるでしょう。そうなると、餌を運んできて糞とは違う悪臭に悩まされることになります。市販の忌避剤をこまめに巻いて対策を行ないさらに、スパイクを手すり部分に設置してみても良いでしょう。スパイクがあれば、手すりに鳩が乗ることができないので、居心地が悪く住処を変えてくれることもあります。スパイクの種類も豊富なので、どれを選んで良いか分からない場合には専門家の相談してみましょう。市販の撃退グッズでも効果を感じることができない時には、専門業者に依頼して対策を行ないましょう。多くの業者が無料で調査を行なってくれます。調査も日程次第では即日で対応してくれます。プロによる鳩対策を行なえば、被害も未然に防ぐことができます。